原因の補足

肋間神経痛の関係病例


【脊髄病変】

背骨の中には脊髄神経が走行しています。背骨はトンネルのような状態で、この脊髄神経を守っていますが、腫瘍、椎間板ヘルニア、脱臼、骨折でできた骨片や血腫がそのトンネル内で脊髄神経の圧迫を起こしたり、腰椎のすべり症やで神経圧迫するという原因があります。

力んだり、くしゃみをしたりした時に両側の症状が出てきたら脊髄病変が疑われますので、病院でのメディカル検査をお勧めします。
【神経根障害】

肋間神経が背骨と背骨の間を通る椎間板という軟骨があり、この軟骨が壊れて内容物が肋間神経の出口部分に飛び出し障害を受ける事により症状が神経症状が椎間板ヘルニアです。

其の他にも、脱臼や骨折による骨の変形でも神経症状がでます。

通常はどれも片側に症状が出て知覚の異常が現れ、痛みが出てきます。

筋肉の萎縮などが現れてきた場合は、病院検査が必要だということでが、神経根障害は比較的治りがよいです。

【内臓の異常】

肋間神経痛の原因の一つに内臓の異常からくるものが有り、当然内臓の異常は治療しないといけませんが、検査で異常無の場合も沢山あるのが事実です。

肋骨の中には臓器(心臓・肺・肝臓・脾臓・すい臓・胃など)がびっしり詰まっていると共に、肋骨に守られています。

各神経が背骨から走行していますが、これらの内臓の不調は関連する背骨の回旋筋という筋肉に影響を及ぼし、骨の歪みが生じて神経圧迫を生じ、これによって肋間神経痛が出る事があります。

その場合整体などの背骨の調整で症状は治まりますが、内臓の調子しだいでは再度症状が出る事もあります。

【帯状疱疹(ウイルス)】

帯状疱疹は脊髄神経節のウイルス感染症で、皮膚文節に沿って病変が広り、ヘルペスウイルスが脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、ここに感染を起こして感染した神経が支配する皮膚領域に激しい痛みを起こします。

数日後に皮膚支配の領域は赤く湿疹が出来、水泡が出現し肋間神経に沿って痛みがでます。

ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスで、水疱瘡もこのウイルスの特徴です。

もちろん帯状疱疹はウイルスですから、病院治療が専門です。

しかし、元々保有しているウイルスですので、驚く必要はありません。

最近では医療が発達し良い薬がありますし、ほとんど治る肋間神経痛といってもいいと思います。

この場合、身体を動かさなくても痛みが持続し、背中を痛めた要因がない場合は、まず帯状疱疹を疑ってもいいと思います。

病院では、水疱が出てこないと診断できない場合もあります。

またストレスが引き金になる事も多い様です。

また胸膜炎、肺炎、肺がん、といった胸の病気が影響することも多いので注意された方がよいです。

肋間神経そのものの病気というより他の病気の(例えば心臓疾患、 腫瘍、脚気、帯状ヘルペス等)が原因となっている場合が多い。


掲載させていただきました症例以外にも、肋間神経痛の原因には様々なものがあります。

貴方の症状はどのタイプに当てはまりますか?

それぞれの原因によって治療の方法や治癒にかかる時間もさまざまです。

左右の両側に症状がある、寝ていても痛みが継続している、湿疹が出てきた等の症状は、速やかな医療機関(病院)でのメディカルチェックと、病院治療が必要な事が多くありますよ。