気になったら

肋間神経痛の症状や原因についても様々で、治療も原因に併せた物が必要になります。

肋間神経痛に現れる症状として一番多いのは、咳やクシャミをした時に胸の前や後ろ周りに痛みが多いのが典型的な症状で、身体の片側(時に左胸)に痛みの症状が出る事が多い様です。

また、女性特有の肋間神経痛の症状が出る一例としては、妊娠や生理の前後などに、胸や背中に痛みが出る事があります。

最近の肋間神経痛の原因としては、ストレスが関係してくる事も多いです。

それらの治療法として、ハッキリとし物はありませんが、先ず病院で医師に診断して頂き個々に合った肋間神経痛の治療法を相談してみましょう。

しかしながら肋間神経痛で先ず迷うのは、何科にかかれば良いのかという疑問ではないでしょうか。

もし胸が締め付けられる様な痛みや、息苦しいさなどの肺の異常が気にかかった場合、肋間神経痛だけでなく、気胸、肺気腫、、横隔膜ヘルニア、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、結核、肺化膿症、肺がん、間質性肺炎、肺線維症などありますので、こういった場合は、総合病院の呼吸器科、ストレスが原因な事もありますので心療内科、精神科の診療も検討された方が適当だと思われます。

とにかく肋間神経痛の治し方は個人判断せず、必ず内科等の医師に相談しましょう。