鍼灸・東洋医学での受診

妊娠中に坐骨神経痛や手の痺れ、肋間神経痛、三叉神経痛で、東洋医学のお医者さんは適切な診断検査も投薬も処置もできない場合が有るという。

神経痛はは風に吹かれても痛いといった位、妊婦さんでは嬉しいはずの胎動でさえ激しい痛みをともなう場合も多い。

そういう時には、つぼへの指圧やはり灸がすごくよく効く場合があり、また人によってはに鍼灸でないと治らないという方も居られるくらい。

また妊婦の方にはオススメ出来ないが、整体や電気とかでも治るものもある。

もし、鎮痛剤や炎症止めの注射、もしくはブロック注射を何度しても効かない患者さんなら、はり灸を訪れて見るのも一案だとおもわれる。

特に肋間神経痛は、感部の筋肉が薄い分鍼の効きも早らしい。

また、施術する先生にもよるが、発症時期から類推して入った邪気をとるツボや、長く患う方なら腎経絡のツボを手足にほどこしてくれる。

妊婦では整形外科ではレントゲンも薬も出してもらえず、湿布のみ渡され症状が改善しない場合は、もよりの鍼灸院をさがしてみてはいかがでしょうか。