肋間神経痛の症状・症例カテゴリの記事一覧

原因の補足

肋間神経痛の関係病例


【脊髄病変】

背骨の中には脊髄神経が走行しています。背骨はトンネルのような状態で、この脊髄神経を守っていますが、腫瘍、椎間板ヘルニア、脱臼、骨折でできた骨片や血腫がそのトンネル内で脊髄神経の圧迫を起こしたり、腰椎のすべり症やで神経圧迫するという原因があります。

力んだり、くしゃみをしたりした時に両側の症状が出てきたら脊髄病変が疑われますので、病院でのメディカル検査をお勧めします。
【神経根障害】

肋間神経が背骨と背骨の間を通る椎間板という軟骨があり、この軟骨が壊れて内容物が肋間神経の出口部分に飛び出し障害を受ける事により症状が神経症状が椎間板ヘルニアです。

其の他にも、脱臼や骨折による骨の変形でも神経症状がでます。

通常はどれも片側に症状が出て知覚の異常が現れ、痛みが出てきます。

筋肉の萎縮などが現れてきた場合は、病院検査が必要だということでが、神経根障害は比較的治りがよいです。

【内臓の異常】

肋間神経痛の原因の一つに内臓の異常からくるものが有り、当然内臓の異常は治療しないといけませんが、検査で異常無の場合も沢山あるのが事実です。

肋骨の中には臓器(心臓・肺・肝臓・脾臓・すい臓・胃など)がびっしり詰まっていると共に、肋骨に守られています。

各神経が背骨から走行していますが、これらの内臓の不調は関連する背骨の回旋筋という筋肉に影響を及ぼし、骨の歪みが生じて神経圧迫を生じ、これによって肋間神経痛が出る事があります。

その場合整体などの背骨の調整で症状は治まりますが、内臓の調子しだいでは再度症状が出る事もあります。

【帯状疱疹(ウイルス)】

帯状疱疹は脊髄神経節のウイルス感染症で、皮膚文節に沿って病変が広り、ヘルペスウイルスが脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、ここに感染を起こして感染した神経が支配する皮膚領域に激しい痛みを起こします。

数日後に皮膚支配の領域は赤く湿疹が出来、水泡が出現し肋間神経に沿って痛みがでます。

ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスで、水疱瘡もこのウイルスの特徴です。

もちろん帯状疱疹はウイルスですから、病院治療が専門です。

しかし、元々保有しているウイルスですので、驚く必要はありません。

最近では医療が発達し良い薬がありますし、ほとんど治る肋間神経痛といってもいいと思います。

この場合、身体を動かさなくても痛みが持続し、背中を痛めた要因がない場合は、まず帯状疱疹を疑ってもいいと思います。

病院では、水疱が出てこないと診断できない場合もあります。

またストレスが引き金になる事も多い様です。

また胸膜炎、肺炎、肺がん、といった胸の病気が影響することも多いので注意された方がよいです。

肋間神経そのものの病気というより他の病気の(例えば心臓疾患、 腫瘍、脚気、帯状ヘルペス等)が原因となっている場合が多い。


掲載させていただきました症例以外にも、肋間神経痛の原因には様々なものがあります。

貴方の症状はどのタイプに当てはまりますか?

それぞれの原因によって治療の方法や治癒にかかる時間もさまざまです。

左右の両側に症状がある、寝ていても痛みが継続している、湿疹が出てきた等の症状は、速やかな医療機関(病院)でのメディカルチェックと、病院治療が必要な事が多くありますよ。

症状と症例

肋間神経痛の症状部位


胸の左右どちらかの胸の横から胸の前にかけて(多くは第5〜第9肋間)・肋骨・わき腹・おなか・足の付け根・会陰部・等など、背骨・背中から脇の下や胸,おなかに響く場合もあれば、痛みとしてははっきりしないものまであります。

胸椎捻挫・ヘルニア(脊髄の腫瘍)・外傷による血腫、による神経圧迫、帯状疱疹などの感染など、またはストレスや寒冷などにより痛みが生じると考えられ、肋骨に沿った部位や腹直筋上に、指で押すと痛みがおこる圧痛点が存在することが少なくありません。

肋間神経痛の痛みは帯状に胸や抹消神経が胸椎により圧迫されている場合などは、運動痛などの一定の動きに対して痛みが強くなります。

典型的な肋間神経痛は、からだ(背骨)をひねったり、咳・あくび・深呼吸、大きな声を出す、痛みのないほうにからだを曲げて肋間神経を伸ばすような姿勢をとるなどの胸郭運動をしたときも刺すような痛み痛みは強まったり、痛みが誘発されたりします。

女性の場合は生理の始まる直前などに、わき腹(乳房のあたり)が刺すような痛みがある場合もあり、乳がんと思われるケースや、思わず自分のお乳をさすることで乳癌の早期発見のきっかけになる場合もあります。

また、発病は中年以降に多い傾向があります。

疼痛は肋間神経の高さに従って胸郭を半帯状に取り巻くように放散し脊椎から肋骨に沿って、激しい痛みが突然起こり、持続時間は数秒から長くても数分と短いのが普通でくり返しておこります。

特に夜間に痛みが増すことが多いようです夜間寝返りなどでも激しい痛みとなり睡眠も障害される事もあります。

胸郭を動かすことで痛みが誘発されるほか、ひどい時は同側の肩甲部や背中に放散し、呼吸困難や会話をするのが困難に会話ができないほどの痛みになることもあり、脊椎をたたくと痛みが肋骨のあたりに響きます。

体動で発痛するなど、ひょんな拍子に痛むのが特徴ですが、安静時痛がある場合要注意です。

寝ていても痛みがあるような場合は、腫瘍などによる神経の圧迫が考えられますので、病院による検査が必要です。


関連症例

また肋間神経の異常で自律神経の症状が出る事があります。

内臓の異状ですが、内臓自体に検査の異常がなければ、肋間神経痛による自律神経の異常が考えられます。

この場合も胸椎の矯正が有効になります

ヘルペスなどの感染の場合も、常にピリピリした痛みがあり、動きによっても痛みが出ますので、湿疹が出るまで気がつかないことが多いです。

脊椎の病気や帯状疱疹が原因となることも多く、また、胸膜炎、肺炎、肺がんなどの病気と関係している場合もある。

ウイルス性疾患である帯状庖疹も肋間神経痛をきたすことがあるが、同時に神経の支配領域に相当する部位に小水泡をもった発疹を伴うことが特徴である。

肋間神経痛と鑑別すべきものとしては、骨疾患のための骨痛や脊髄疾患などのほかに、胸腔内および腹部臓器の疾患のための痛みがある。 

特に狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、自然気胸、消化性潰瘍、胆石症などの鑑別は重要である。

まずは胸の息苦しさ、不安感等が出ましたら先ず医師の診察をうけましょう。

レントゲン・MRI・心電図等に異常が無く、気管支の収縮等も見られないときは肋間神経痛を疑ってみることです。