肋間神経痛の原因カテゴリの記事一覧

原因

肋間神経痛の原因


原因不明の原発性肋間神経痛と、原因の明らかな続発性肋間神経痛に分けられ、前者では、つよいストレスが原因で誘発されることもまれではありません。

原発性肋間神経痛は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いたうえで、末梢神経になんらの病変も見出さないものをいいます。

続発性肋間神経痛は、末梢神経および脊髄の知覚神経の刺激や障害によっておこります。
この原因としては、肋間神経のまわりの炎症などの初発症状である場合もあり、変形性脊椎症などの脊椎の病気や帯状疱疹が原因でおこることが多く、胸膜炎、肺炎、肺がんなどの胸部の内臓が関係していることがあるので注意が必要です。



??神経の圧迫によるもの

肋間神経が骨や筋肉の間にはさまれて刺激されて生じる絞扼(こうやく)(圧迫)障害で、肋間神経が肋骨と肋骨の間の肋間筋というところで圧迫されてしまいます。

肋骨、胸椎のゆがみや関節の動きの低下が起こる事によって、その周囲の肋間筋は緊張して神経を圧迫してしまいます。

たいていは一時的で、不自然な姿勢や疲労により突然起こり、肋骨と背骨の関節が緩んで神経が骨や筋肉の間にはさまれて痛みまが、たいていは一時的なものだそうです。

??外傷によるもの

胸椎・肋骨の圧迫骨折・骨折やひび、胸部・背部の打撲など、外部からの圧迫などによる神経炎が原因やその後遺症として出現する場合。

または中年女性に多く見られるようですが「骨粗しょう症」のため、せきやくしゃみ・弱い外力などでも骨折する場合があるそうです。

この場合、姿勢を変えたりすると痛みが増し、呼吸や物を持ち上げた時に激痛が走るのが特徴です。

亀裂がわずかの場合は、レントゲンでもわかりづらいことがあり、MRIやCTでも肋骨のわずかな亀裂は診断しにくいです。

※外傷の場合は当然安静が必要です。

??その他の病気・疾患感染によるもの

ウイルス性疾患である帯状庖疹(ヘルペス)も肋間神経痛をきたすことがあるが、同時に神経の支配領域に相当する部位に小水泡をもった発疹を伴うことが特徴である。
※まれに疱疹がでないことがあります。

ヘルペスウイルスが原因である場合は基礎に免疫力の低下が存在しますので、この免疫力の低下は疲労からきている場合が多いため、休息が必要になります。

また帯状庖疹(ヘルペス)によるものの場合は、帯状疱疹が治った後でも痛みが残る場合が多くあります。

このような場合は、血液の検査をしないと正しい診断はつきませんが、痛みが非常に激しいことと、二週間ぐらいで痛みが減少するのが特徴です。

肋間神経痛の症状は、肺気胸(肺に穴が開く病気)の症状と間違えやすい事があるので、呼吸が困難で胸が苦しく痛い場合は呼吸器外科などの専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

脊椎(結核、梅毒、腫瘍など)・脊髄の炎症、梅毒性脊髄膜炎、脊髄腫瘍、大動脈瘤、胸膜炎、肺炎、肺がん、カリエスなど、様々な病気の関係・初発症状の場合もある。

がんの転移でも肋間神経痛が起こりますが、これは椎体の変化がありますので、レントゲンやMRI、CTで診断できます。
※ガンの転移では、夜間に横になることが出来ず、座ったままでしか眠れないこともあるそうです。
※病気が原因の肋間神経痛は、胸腔内および腹部臓器の疾患のための痛みがもとになっている病気の治療が必要です!

??原因が不明なもの

血流が悪くなると痛みが増しやすいので、寒冷によるものや、女性ですと生理の度に胸が痛くなるという人もいます。

寒冷によって発症した場合は冬場はもちろんのこと、普段から体を冷やさないように注意し、できるだけ温めるようにすることと、心身共に疲れをためないことが基本になります。




胸のあたり、とくに脇腹のあたりに突然痛みが走ったという場合には、肋骨骨折や胸部のガンでも同じような場所に痛みが走るのでまず医者に診てもらいレントゲン撮影でも異常がみられなかったのであれば、肋間神経痛の可能性が大です。

肋間神経痛と鑑別すべきものとしては、骨疾患のための骨痛や脊髄疾患などのほかに、特に狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、自然気胸、消化性潰瘍、胆石症などの鑑別は重要で、自然に消滅することが多いが持続することもある。

それ以外の原因不明といわれるものは多くは肋椎関節の離開が原因のため関節を緩めるようなことはしない方が良いでしょう。

また痛みの助長に電磁波が関わっている場合もあるとする医師の見解もあります。