肋間神経痛カテゴリの記事一覧

鍼灸・東洋医学での受診

妊娠中に坐骨神経痛や手の痺れ、肋間神経痛、三叉神経痛で、東洋医学のお医者さんは適切な診断検査も投薬も処置もできない場合が有るという。

神経痛はは風に吹かれても痛いといった位、妊婦さんでは嬉しいはずの胎動でさえ激しい痛みをともなう場合も多い。

そういう時には、つぼへの指圧やはり灸がすごくよく効く場合があり、また人によってはに鍼灸でないと治らないという方も居られるくらい。

また妊婦の方にはオススメ出来ないが、整体や電気とかでも治るものもある。

もし、鎮痛剤や炎症止めの注射、もしくはブロック注射を何度しても効かない患者さんなら、はり灸を訪れて見るのも一案だとおもわれる。

特に肋間神経痛は、感部の筋肉が薄い分鍼の効きも早らしい。

また、施術する先生にもよるが、発症時期から類推して入った邪気をとるツボや、長く患う方なら腎経絡のツボを手足にほどこしてくれる。

妊婦では整形外科ではレントゲンも薬も出してもらえず、湿布のみ渡され症状が改善しない場合は、もよりの鍼灸院をさがしてみてはいかがでしょうか。

気になったら

肋間神経痛の症状や原因についても様々で、治療も原因に併せた物が必要になります。

肋間神経痛に現れる症状として一番多いのは、咳やクシャミをした時に胸の前や後ろ周りに痛みが多いのが典型的な症状で、身体の片側(時に左胸)に痛みの症状が出る事が多い様です。

また、女性特有の肋間神経痛の症状が出る一例としては、妊娠や生理の前後などに、胸や背中に痛みが出る事があります。

最近の肋間神経痛の原因としては、ストレスが関係してくる事も多いです。

それらの治療法として、ハッキリとし物はありませんが、先ず病院で医師に診断して頂き個々に合った肋間神経痛の治療法を相談してみましょう。

しかしながら肋間神経痛で先ず迷うのは、何科にかかれば良いのかという疑問ではないでしょうか。

もし胸が締め付けられる様な痛みや、息苦しいさなどの肺の異常が気にかかった場合、肋間神経痛だけでなく、気胸、肺気腫、、横隔膜ヘルニア、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、結核、肺化膿症、肺がん、間質性肺炎、肺線維症などありますので、こういった場合は、総合病院の呼吸器科、ストレスが原因な事もありますので心療内科、精神科の診療も検討された方が適当だと思われます。

とにかく肋間神経痛の治し方は個人判断せず、必ず内科等の医師に相談しましょう。